HOME → 刊行物案内

刊行物案内

平成30年度刊行(新刊)

平成30年度に次の報告書等を刊行し,頒布する予定ですのでご利用ください。なお注文の際の郵送料等については,調査室へお問い合わせください。

活動報告(頒布中)

書名 概要 頒価(円)
第8集 平成29年度「ひろしまの遺跡を語る」
瀬戸内から考える邪馬台国とその時代
‐魏の使いは瀬戸内海を通ったか?
‐記録集
邪馬台国があった時代の西部瀬戸内地域の様相について,愛媛大学名誉教授の下條信行さんによる講演と,広島県内における同時期の遺跡についての発掘調査報告ならびにシンポジウムの全記録。 500
(送料別)
年報15 平成29年度における当調査室の実施した事業概要のまとめ。

発掘調査報告書

書名 市町名 概要 頒価(円)
第80集 天地遺跡(第1~3次調査)
天地第1・2号古墳
福山市 丘陵尾根先端部に位置する弥生時代~中世の集落跡および中世の墓地である。古代の集落からは石帯・陶硯など官衙的な性格をもつものが出土している。天地第1・2号古墳は天地遺跡の西側尾根上に立地する方形状の古墳で,古墳時代前半期に築造されたと考えられる。 900
(送料別)
第81集 亀居城関連遺跡・亀居城跡 大竹市 亀居城跡の東麓に位置する近世の町屋跡である。17世紀中頃~近代の遺構面が確認された。亀居城の東端の郭である妙見丸では破城の痕跡が残る石垣を確認し,幕末期の台場跡とされる伝台場跡では平坦面を確認した。 終了しました
第82集 地頭分溝渕遺跡 福山市 丘陵緩斜面に立地する弥生時代~中世の集落跡である。遺跡の位置する瀬戸町には「長和」・「地頭分」・「別所」などの地名が残り,中世・長和荘の一角と推定されることから,地頭分溝渕遺跡の中世遺構も荘園に関連すると考えられる。 1,500
(送料別)
第83集 夕倉遺跡 福山市 芦田川と瀬戸川により形成された沖積地縁辺部に位置し,丘陵斜面と沖積地の接するあたりに立地する。主に弥生時代~中世にかけての遺跡である。特に中世の遺物が多く出土し,丘陵上など周辺に中世集落が存在していると考えられる。 500
(送料別)
第84集 上ノ城跡 安芸郡
坂町
標高65mを最高所とする丘陵の先端に複数の郭を配した小規模な山城。城からは坂の町と浜辺を見渡せ,坂の民衆によって築造された「村の城」と考えられる。陶磁器から15世紀初頭~前半に利用され,15世紀中頃には廃城となったものと考えられる。 終了しました

過去の電子ブックの本棚

書名 概要 頒価(円)
クリアーファイル「ひろしま発掘」
A1パンフ「備後の国から出雲の国へ」

クリアーファイル(1.12MB)
パンフレット (3.04MB)
地図(325KB)
平成14年度(2002)から開始した中国横断自動車道尾道松江線(中国やまなみ街道)の発掘調査の成果を写真で紹介したA1版8つ折のカラーパンフレット及びクリアーファイル。 終了しました
書名 概要 頒価(円)
第6集 平成27年度ひろしまの遺跡を語る
「鉄の古代史‐ひろしまの鉄の歴史‐」
記録集記録集

表紙~講演Ⅰ (42頁,8.1MB)
講演Ⅱ (32頁,6.1MB)
講演Ⅲ (34頁,6.8MB)
座談会・略年譜 (21頁,5.1MB)
ひろしまの古代の鉄生産について、鉄の道具と製鉄、鍛冶の分野について、3名の研究者による講演と討論を収録した全記録。 500
第5集 平成26年度ひろしまの遺跡を語る
「弥生時代の船」記録集

表紙~報告Ⅰ (19頁,6.8MB)
報告Ⅱ (18頁,4.9MB)
講演 (29頁,12.3MB)
座談会・略年譜 (16頁,3.9MB)
平成25年度の御領遺跡第7次調査で見つかった弥生の船絵画について、深澤芳樹さんの講演と調査室職員の報告及び座談会の全記録。 終了しました
第4集 平成25年度ひろしまの遺跡を語る
「城館研究最前線」記録集

表紙~事例報告Ⅲ (41頁,10.0MB)
基調講演Ⅰ (28頁,7.1MB)
基調講演Ⅱ (26頁,5.9MB)
シンポジウム・参考資料 (27頁,6.9MB)
近年調査した家ノ城跡,牛の皮城跡,城平山城跡の発掘調査成果の事例発表と当室調査指導委員の小都隆さんの「広島県の中世城館」及び滋賀県立大学の中井均さんの「戦国の山城を掘る」と題した基調講演並びにシンポジウムの全記録。 終了しました
第3集 平成24年度ひろしまの遺跡を語る
「中国山地の旧石器文化を考える」記録集

表紙~事例報告Ⅰ (16頁,4.8MB)
事例報告Ⅱ (10頁,3.5MB)
研究発表 (17頁,6.4MB)
基調講演Ⅰ (44頁,13MB)
基調講演Ⅱ (36頁,12.5MB)
シンポジウム~ (23頁,5.9MB)
近年発掘調査で明らかになりつつある広島県北部の旧石器時代遺跡の事例報告・研究発表と,「旧石器時代の環境とくらし」と題して広島大学総合博物館の藤野次史さんの基調講演Ⅰならびに「山陰から中国山地の旧石器文化」と題した島根県古代文化センターの基調講演Ⅱののち,「移動生活と運ばれたモノ」と題して開催したシンポジウムの全記録。 終了しました
第2集 平成23年度ひろしまの遺跡を語る
古代の東アジアとひろしま 記録集

表紙~ (30頁,8.67MB)
基調講演Ⅰ (62頁,17.5MB)
基調講演Ⅱ (46頁,12.9MB)
シンポジウム~ (24頁,5.07MB)
『日本霊異記』に記載された備後三谷寺 (三次市・寺町廃寺) をめぐって,古代の広島と東アジアの関わりを岡山理科大学の亀田修一さんと比治山大学の松下正司さんの基調講演と広島の渡来系遺物の研究発表及びシンポジウムの全記録 終了しました
第1集
平成22年度ひろしまの遺跡を語る
古墳時代の暮らしと心 記録集(76頁,11M)
広島県内の古墳時代の鉄・祭祀・墓についての研究発表と岡山大学松木武彦さんの「安芸・備後の古墳と古代国家形成」の基調講演及びシンポジウムの全記録 終了しました