HOME → 発掘調査ニュース

発掘調査ニュース

平成29年度 発掘調査ニュース

(写真をクリックすると大きくなります)

鞆港湾(ともこうわん)施設跡(雁木(がんぎ)) (福山市鞆町鞆)

【調査期間】平成29年5月15日 ~ 平成30年3月下旬

解明されつつある雁木の構造と築造年代!

〔調査の概要〕

 瀬戸内海の中央に位置する港町・鞆には江戸時代以降整備された「波止(はと)」や「雁木(がんぎ)」、「常夜灯(じょうやとう)」「焚場(たでば)」などの港の施設がよく残されています。このうち雁木は、江戸後期の文化八年(1811)に整備されたといわれる大雁木のほか、北雁木・東雁木などに分かれ、港町鞆の風情を伝えています。
 調査は、鞆地区の高潮対策として実施される防潮堤の設置に係る北・東雁木の修復工事に伴うもので,現存する雁木の構造や,築造から現在に至る歴史的な変遷などが明らかにできるものと期待されます。
 9月までの調査で,雁木は4段ほどの石垣の上に構築されていることや石垣の下には胴木と呼ばれる沈下防止の丸太が敷き並べられていることなどのほか、雁木の基盤土は角礫層で,この上に何らかの固定剤を加えた砂+粘土+円礫を練り混ぜた土で雁木の土台を造り,この上に雁木を固定していたようです。雁木の最上部には円柱や角柱の繋船柱が設置されています。角柱に明治五(1872)年の年号と人名が彫り込まれていました。長さが2.1mほどあり,その3分の2は地下に埋設されていました。内容や性格については,これからの調査となりますが,港湾整備の技術が少しずつ解明されつつあります。
 調査は,雁木の復元工事に合わせて2か年程度かけて継続調査する予定です。

  • 鞆の大雁木と常夜灯(北から)
    鞆の大雁木と常夜灯(北から)
  • 鞆港全景(北から)
    鞆港全景(北から)
  • 調査予定地・北雁木(南東から)
    調査予定地・北雁木(南東から)
  • 雁木が載っていたベッドの調査査
    雁木が載っていたベッドの調査
  • 高潮位時の繋船柱の調査
    高潮位時の繋船柱の調査
  • 年号と人名のある繋船柱の埋設状況
    年号と人名のある繋船柱の埋設状況
  • 繋船柱の吊り下げ
    繋船柱の吊り下げ
  • 台船上での繋船柱の清掃
    台船上での繋船柱の清掃)
  • 繋船柱の拓本採取
    繋船柱の拓本採取
  • 繋船柱
    繋船柱
     
  • 雁木下部の石垣の裏込め状況の調査
    雁木下部の
    石垣の裏込め状況の調査
  • 雁木下部の石垣の背面の掘削
    雁木下部の石垣の背面の掘削
     
  • 雁木下部の石垣の前面の調査
    雁木下部の石垣の前面の調査
  • 雁木下部の石垣の前面の調査
    雁木下部の石垣の前面の調査
  • 台船上での説明会
    台船上での説明会

このページの先頭へ

夕倉(ゆうくら)遺跡第2次 (福山市津之郷町夕倉)

【調査期間】平成29年11月6日 ~ 平成29年12月下旬

中世集落の広がり 確認を期待!

〔調査の概要〕

 遺跡は福山市街地から芦田川を隔てて西側に位置する津之郷町の丘陵斜面と水田地帯に立地し,弥生~古墳時代から中・近世に及ぶ集落遺跡です。
 付近には弥生時代の貨泉を出土した本谷遺跡や弥生~古代の土器が大量に出土したザブ遺跡などがあます。
 昨年度の夕倉遺跡第1次調査では、水田部分から中世を中心とする段状遺構1基,井戸と思われる土坑3基,溝状遺構7条,ピットなどが発見され、調査地点が弥生時代から近世に及ぶ集落の縁辺部の一角だったことがわかりました。
 今年度は、秋に丘陵部分の発掘調査を予定しており、集落の広がりや新たな遺構の発見が期待されます。

  • 夕倉遺跡第2次調査地点の丘陵(北西から)
    夕倉遺跡第2次調査地点の丘陵(北西から)
  • 夕倉遺跡第1次調査地点の空中写真(南西から)
    夕倉遺跡第1次調査地点の空中写真(南西から)
  • 夕倉遺跡第1次調査の報告会
    夕倉遺跡第1次調査の報告会

このページの先頭へ

亀居城(かめいじょうあと)跡 妙見丸第2次調査(大竹市小方一丁目)

【調査期間】平成98年5月22日 ~ 7月20日

破城の痕跡を確認!

〔調査の概要〕

 亀居城跡は慶長8(1603)年から5年をかけて築城されましたが,築城から3年後の慶長16(1611)年には破棄されています。
 調査区は亀居城跡の北東にある郭(妙見丸)の北東端に位置しています。調査で見つかった石垣は,郭(妙見丸)の北東隅(標高28m)から3mほど下方の斜面に存在する小平坦面に築かれ,北辺石垣,西辺石垣,西辺石垣の南西端から北西方向に短く延びる南西石垣の3面が残っていました。石垣の規模は,現状で北辺石垣が長さ6.68m,高さ1.7m,石積3段,西辺石垣が長さ5.02m,高さ2.38m,石積5~6段,南西石垣が長さ2.14m,高さ1.08m,石積2段ほど残っていました。
 北辺石垣の目地が横方向に綺麗に通っているのに対して,西辺石垣(とくに南西側)・南西石垣は目地の乱れが大きく,石材の積み方も雑でしたが,長さ70~185㎝,幅21~85㎝,高さ28~69㎝の長方体の石材を主として小口積みにしています。また,北辺石垣と西辺石垣の北隅部は最大規模の石材を整美な算木積みに積み上げていました。
 石材の背後は10~50㎝大の小角礫を大量に詰めて裏込めとし,上下の石材間には高さの調節や石材の固定するため厚さ2~3cm,10~20㎝大の板状の石片を多く詰めていました。石材間の詰めは小礫や石片と砂を主体にし,石垣壁面の石材間には間石として10~20㎝大の小礫を多く詰めているのも,本石垣の特徴といえます。
 石垣前面には多くの石材が,裏込めに用いられた多量の小角礫とともに転落した状態でみつかりました。これらは人為的なもので,廃城時の破城行為に伴うものと考えられます。
 今回の調査は,江戸期の絵図に描かれている石垣が後世の積み直しなどの改変を伴わない,築城時の姿に近い状態で明らかにできたことは,近世城郭研究にとって貴重な資料の提供となったといえます。

  • 調査区遠景(○は調査区)
    調査区遠景(○は調査区)
  • 裏込めと石垣前面の砂礫
    裏込めと石垣前面の砂礫
  • 裏込めの様子
    裏込めの様子
     
  • 北辺石垣
    北辺石垣
  • 西辺石垣
    西辺石垣
  • 西辺石垣北隅
    西辺石垣北隅
  • 南西辺石垣
    南西辺石垣
  • 北東隅部の石積み
    北東隅部の石積み

このページの先頭へ